まじめな出会い、結婚情報は出会い結婚オールナビ
 
結婚サービスで成婚するコツ

 5.初めての電話、メールの仕方

結婚サービスは出会い系サイトとは違いますが、イベントやパーティーで知り合う以外の方法としては、紹介書やインターネット検索画面などを見て気に入った相手に交際を申し込み、OKの返事をもらったあと、「実際に会うまでにメールや電話で何度かやりとりを経た後、好印象であれば実際に会ってみる」という部分は非常に似ています。

「お見合い」というシチュエーションもありますが、よく知らない状態のままいきなりお見合いの席に向かうというの最近では少なくなってきています。

やっぱり誰しも実際に会う前に、会話が弾めるような人と会ってみたいと思うものです。

実際に結婚サービスの現状を調べてみると、「交際OKの返事はもらったけれど、実際に会うまでには至っていない」というケースが多いようです。

なぜそのような現象が起きるのかといえば、やはり書面上だけでは、「この人はどんな人なのか?」ということを判断するのは難しいということ。

書面上では「いいかも」と思っても、メールや電話のやり取りをしてみて、「不安」を抱く人が結構いるということです。

特に、交際OKの返事の後のいちばん最初のメール、いわゆる「ファーストメール」の書き方は、結婚サービスを利用するにあたってとても重要になってきます。

このページでは結婚サービスにおけるファーストメールの良い書き方について皆さんにご紹介します。


『良いファーストメールの書き方』


@ 交際を申し込んだ理由を必ず書く

相手の立場に立ってみればわかるとは思いますが、大勢いる会員の中から「なぜ、自分を選んだのか?」を知りたいはずです。
ですから、相手に出すファーストメールには、必ず「どんなところに惹かれたのか?」について書くようにしましょう。


A 今後のことも考えて、共通の話題に気をつかう

ファーストメールがただの挨拶メールたけに終わってしまっては何の発展もしません。
挨拶と自己紹介だけをして、一番肝心の「実際に会う」というところまでにつながっていかないメールを出しても何の意味もないのです。
ファーストメールで一番重要なことは、「今後」ということも視野に入れて、何か共通の話題がないか、相手のプロフィールなどを見ながら検討してみましょう。
受け取った側にしたところで、共通の話題を提供してくれた方が次のメールも出しやすいものです。


B 「おもしろさ」と「誠実さ」を同時に表現する

これはちょっと難しいかもしれませんが、やはり結婚サービスといえども、「いきなり、結婚を大前提に!!」といった具合のお堅く、すごい勢いの人は敬遠されがちなものです。
かといって、ウケを狙っているだけの「おちゃらけた」メールというのもヒンシュクを買ってしまうだけです。
あくまでも、さりげない「おもしろさ」と「誠実さ」を兼ね備えたメールの文章で、相手を自分に惹きつけましょう。


 1.写真

 2.プロフィール

 3.アドバイザーと上手に付き合う

 4.パーティー(イベント)への参加

 5.初めての電話、メールの仕方

 6.初対面の時


結婚・出会いサービス一覧


 登録料無料

 無料テストマッチがある

 メル友恋人探し

 結婚情報一括請求

 一覧(まとめて見たい方)

 出会い



初めての方の為に


結婚情報サービスとは?(HP)

結婚相談所に行く前にチェック

成功のコツとは?

知って得する、結婚相談所の心得!!

断られる理由とは?

結婚相談所Q&A

 

 


 リンク集
 

 

   
 情報比較ショップ | 運営者情報 | 注意免責事項 | PR消費者金融比較分類ショップ  | PR 生命保険比較ショップ |
 ネットで探す生活情報比較オールナビ |